BOOK

『杉でつくる家具』とは、1953年に発行された『アイディアを生かした家庭の工作』から木製家具24作品をピックアップし、現代の視点でリメイクしたDIY書籍。図面作成を手がけのは、KAKデザイングループの工業デザイナーたち(秋岡芳夫・河潤之介・金子至)。ホームセンターも電動工具もなかった時代に、ノコギリと建築材(貫板やベニヤ板)を駆使し、ミニマルで機能的なDIY家具を提案。原著出版当時は、KAKによる日曜大工の講座がテレビや婦人雑誌で企画されるなど、主婦を中心に好評を博した。

編者:グループモノ・モノ


定価:2,500円(税別)

判型・ページ数:B5ワイド判184ページ 

発行日:
2019年3月中旬

I
SBN-13: 978-4-7661-3119-2

編者紹介

グループ モノ・モノ

KAKデザイングループの中心人物である秋岡芳夫が1970年に結成したプロジェクトチーム。拠点は東京・中野にあるモノ・モノ。この指止まれ式の自由な組織で、手仕事の復興や地域活性に関わる活動を行ってきた。今回は『家庭の工作』のリニューアル版を制作するにあたり、菅村大全(企画)、大沼勇樹(家具製作)、笠原嘉人(テキスト監修)の3名を中心とするチームが結成された。

目次

・家具だけにとどまらない、とてもユニークな『アイディアを生かした家庭の工作』 (降旗千賀子・目黒区美術館学芸員)

・KAKデザイングループについて (臼井新太郎・ブックデデザイナー)

・いまなぜ『家庭の工作』か
(伊藤暁・建築家)

・『杉でつくる家具』から考える、これからの暮らし(若杉浩一・プロダクトデザイナー)

・本書で使用する工具/塗料・材料について/工具の使い方/用語解説/構造解説


1章 椅子

筋交いが効いた2WAYスツール/挟み脚の丈夫なスツール/V字脚の背もたれ付き小椅子/三角構造のガーデンチェア/組み接ぎで作る箱型ベンチ/離乳食に便利な挟み脚のベビーチェア/V字脚のガーデンベンチ/薄い杉板だけで作る丈夫な縁台/V字脚のアームチェア/ベニヤ板で補強したローチェア


2章 テーブル

ベニヤ板で作る挟み脚のちゃぶ台/挟み脚のサイドテーブル/V字脚のガーデンテーブル/ベニヤ板を使ったV字脚のティテーブル/ベニヤ板を上手に使った本棚兼テーブル/厚い杉板で作る引き出し付きの文机/挟み脚のスリムなダイニングテーブル/軽くて美しいV字脚の作業馬
/高さを3段階に変えられるテーブル


3章 収納家具

しっかりと積み重ねられる本棚/麻ヒモを張った軽快な飾り棚/スリムなコレクション収納箱/すっきりと収納できる傘立て/通気性のよいシューズラック

原著紹介

KAK結成3か月後に出版されたこの本は、タイトルのとおり、身の回りにあると便利な日用品を、木を主な素材として少ない道具で楽しく作ることを基本に考案された。「針金からコップによる花さし」から「応接セット」まで、50数点の実作の写真とその制作、図面、工程、工具の使用法などが紹介されている。

総128ページにもなるこの内容は、初心者にも配慮されている。河、金子、秋岡、の3人はインダストリアルデザイナーでありながら、高度な木工技術を全員が持っているクラフトマンでもあることからも、この本の手作りな校正がよく理解できる。

解説は金子至、挿絵は河潤之介が担当、撮影には秋岡家の室内が多く登場する。翌年には『婦人朝日』にもこうしたやさしい家庭工作が連載されたり、テレビ出演にも続き、「KAK家庭工作時代」として、新しい暮らしを提案していく。(『DOMA秋岡芳夫−モノへの思想と関係のデザイン』美術出版社より抜粋)

デザイナー

KAKデザイングループ

秋岡芳夫(1920-1997)、河潤之介(1919-2013)、金子至(1920-2013)の3人によって、1953年に設立された工業デザイン事務所。KAKは3人の名前の頭文字にちなむ。メンバー全員が代表取締役というフラットな組織で、それぞれの持ち味を生かしながら、個性的な工業製品を生み出した。また、3人ともデザイナーでありながら木工にも精通しており、『家庭の工作』発表後は、日曜大工に関する雑誌連載やテレビ出演が相次いだ。3人がKAKを離れた後は、所員が会社を引き継ぎ、1990年代まで活動は続いた。写真左から金子至、秋岡芳夫、河潤之介。(写真提供:モノ・モノ)

KAK+千代田光学精工株式会社 カメラ「ミノルタ」シリーズ 個人蔵

KAK+学習研究社 『科学』の付録  個人蔵