INSTRUCTOR

『杉でつくる家具』を教科書にワークショップ開催を希望される場合は、当サイトのお問い合わせページからメールでご連絡ください。経験豊富なインストラクターを派遣します。

大沼勇樹(おおぬま・ゆうき)

1987年山形県生まれ。木工デザイナー、埼玉県産業技術総合センター非常勤職員。千葉大学工学部デザイン工学科(現デザイン学科)卒業。東京都立城南職業能力開発センター・木工技術科で家具製作を学ぶ。2013年に「使い手とともにつくる」をテーマにしたオーダー家具ブランド“gyutto design”(ギュットデザイン)を設立。現在は、埼玉県内の中小企業のデザイン振興と製品開発支援を行う一方、一般ユーザーに工作の楽しさを伝える活動を続けている。『杉でつくる家具』では作品製作・工程解説・撮影を担当。

ウェブサイト:gyutto design 


笠原嘉人(かさはら・よしひと)

1961年静岡県生まれ。家具デザイナー。東京テクニカルカレッジインテリア科非常勤講師。武蔵野美術大学工芸工業デザイン科木工コース卒業。漆芸家の工房を経て、インテリアデザイン事務所に勤務。1996年に「笠原嘉人アトリエ」を設立。木材を中心として食器・家具から建築デザイン・環境デザインまで幅広く手がける。1999年より埼玉県・西川材(杉・ヒノキ)有効利用プロジェクトの製品開発・デザインを行う。『杉でつくる家具』ではテキスト監修を担当。